ミスジチョウ
HOME  BACK
学  名 Neptis philyra
分  類 タテハチョウ科イチモンジチョウ亜科
発生時期 5-8月
分  布 北海道,本州,四国,九州
幼虫の食草 イタヤカエデ、ヤマモミジなどカエデ類
特  徴 開帳 30-38mm。濃茶色地に三本の白い帯を持つタテハチョウ。 近縁種のコミスジ、ホシミスジ、オオミスジに似るが、本種は1本目の帯がスッキリとした直線状。 はねを開いてとまることが多い。 山地の樹林、渓流沿いなどで見られる。地上で吸水したり、獣糞に飛来する。
撮影:2012.6.15 撮影:2013.6.3 撮影:2016.7.1 撮影:2016.7.1